RACING TEAM

HISTORY SUPPORT COMPANY スポンサー募集 TRICK☆STAR RACINGのOFFICIALサイトはこちら

TRICK☆STAR RACINGは、2000年オーナー兼ライダーの鶴田竜二によって結成されました。同年、鶴田竜二は2度目のシリーズチャンピオンを獲得し独立。『ライダーが本当にほしいモノ』を作りたいという気持ちから、鶴田が今までのライダー経験を活かし開発を手掛け、独自ブランドパーツ“TRICK☆STAR”が誕生したのです。 そんなこだわりの“TRICK☆STAR”パーツでレースに挑むTRICK☆STAR RACINGは、チームデビュー戦、2000年もてぎ7時間耐久ロードレースでは5位、2001年全日本ロードレースにスポット参戦ながらシリーズランキング5位、2002年からは『世界耐久鈴鹿8時間耐久ロードレース』へのチャレンジを開始、常に上位で戦い続け現在に至ります。

コンセプト

今、チームが打ち出すコンセプトは『勝つ!魅せる!憧れる!育成!』。レースデビューして今年で27年目となる鶴田が、若手と同レースに参戦しているからこそできること、次世代のライダーに伝えていけることがたくさんあると考えています。また、メカニック技術・経験ともに豊富な平湯恵介(チーフメカニック)も、若手メカニックの育成に力を注いでいます。今後も、このチームコンセプトをもとに、業界の発展に努めてまいりたいと考えています。

7つの信念

  • カワサキ車にこだわり、ロードレース業界でカワサキ車の地位向上に努める。
  • 自分達の熱い走りと姿勢でロードレースを盛り上げ、2輪業界に貢献する。
  • トッププライベートチームとして常にトップを目指す。
  • 自社ブランド製品の開発を積極的に行い性能向上に努め、信頼性を強固なものとする。
  • メディア活動を積極的に行い、ブランドイメージの認知と浸透に努める。
  • 若手ライダーのサポートと育成を行い、レース環境の向上と業界の発展を目指す。
  • モータースポーツファンとスポンサー様に楽しんでいただき、より大きなメリットを還元する。

チームプロフィール

2000年 鶴田竜二によるブランド『TRICK☆STAR』が誕生。
もてぎ7時間耐久レースにTRICK☆STAR RACINGとしてkawasaki ZX12Rで初参戦6位入賞〔ライダー鶴田竜二・矢田義広・數村賢治〕。
2001年 オートバイ用品製造・販売業『TRUE BLUE』を設立。
オリジナルブランド『TRICK☆STAR』を正式に販売開始。
もてぎ7時間耐久レースに出場〔ライダー鶴田竜二・トニー シュルツェ・數村賢治〕。
筑波レース『テイストオブフリーランス』にkawasaki GPZ900Rで出場し優勝〔ライダー鶴田竜二〕。kawasaki ZX12Rにて筑波グランドスラム4位入賞〔ライダー鶴田竜二〕。
全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rで参戦し、出場ランキング5位を獲得〔ライダー鶴田竜二〕。
2002年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて参戦、ランキング7位〔ライダー鶴田竜二〕。
もてぎ7時間耐久レースにkawasaki ZX12Rにて出場、44位入賞〔ライダー鶴田竜二・トニー シュルツェ・數村賢治〕。
筑波レース『テイストオブフリーランス』にkawasaki GPZ900Rにて出場し優勝〔ライダー鶴田竜二〕。
2003年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて出場、ランキング7位〔ライダー鶴田竜二〕。
筑波3時間耐久レースにkawasaki ZX−6Rで出場、5位入賞〔ライダー鶴田竜二・高橋誠〕。 
2004年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて出場、ランキング9位〔ライダー鶴田竜二〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10Rにて出場〔ライダー鶴田竜二・長谷川克憲〕。
筑波500キロ耐久レースにkawasaki ZX−6Rにて出場、6位入賞〔ライダー鶴田竜二・高橋誠〕。
2005年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて出場、ランキング10位〔ライダー鶴田竜二〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10Rにて出場、48位完走〔ライダー鶴田竜二・西嶋修〕。
2006年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて出場、ランキング19位〔ライダー鶴田竜二〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10Rにて出場、総合8位クラス3位入賞〔ライダー鶴田竜二・松戸直樹〕。
2007年 全日本選手権ST600にkawasaki ZX−6Rにて出場、ランキング17位〔ライダー鶴田竜二〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10R出場、13位完走〔ライダー鶴田竜二・江口 謙〕。
2008年 全日本選手権鈴鹿大会JSBクラスにkawasaki ZX−10Rにて出場、14位〔ライダー武石伸也〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10Rにて出場、15位完走〔ライダー武石伸也・鶴田竜二・江口 謙〕。
2009年 全日本選手権JSBクラスにkawasaki ZX−10Rにて出場、ランキング11位〔ライダー井筒仁康〕。
鈴鹿8時間耐久ロードレースにkawasaki ZX−10Rにて出場、2位表彰台獲得〔ライダー井筒仁康・武石伸也・鶴田竜二〕。

レースヒストリー

【1】

2000年にTRICK☆STAR RACINGとして初のレース『もてぎ7時間耐久ロードレース』に、当時kawasakiのフラッグシップであるZX12Rで参戦。
スーパースポーツバイクが中心のレースに異例の重量マシンで参戦し、ハンディを克服しトップ争いを繰り広げた。

history

【2】

鶴田が97年から参戦しているGPZ900R所謂『Ninja』で大いなる草レース『テイストオブフリーランス』。2001年自身のチームを結成してからも精力的に参戦し、並み居る強豪ショップチームの中にあっても勝利し続け、遂には前人未踏の4連覇を達成した。いつしかNinjaマイスターと呼ばれるようになった。

history

【3】

2001年から全日本選手権ST600クラスや筑波耐久レースにZX−6Rに参戦。少数エントリーでポテンシャル的にも不利だったkawasaki勢の中にあってもトップ争いを繰り広げてきた。

history

【4】

2004年から国内最大のモーターサイクルイベントでもある世界耐久選手権シリーズ鈴鹿8時間耐久レースに参戦を開始する。2005年にはkawasaki勢最速のタイムで予選スペシャルステージに進出した。
2006年にはクラス3位総合8位入賞を果たし、現在まで連続してkawasaki勢トップでの完走に成功している。

history

【5】

TRICK☆STAR RACINGはライダーとして鶴田以外にも優秀なライダーを起用。
歴代ライダーには西嶋修、長谷川克憲、松戸直樹、江口謙、井筒仁康、今野 由寛がおり、そして2011年は、武石伸也、芹沢太麻樹、出口 修のコンビにて鈴鹿8耐に参戦する。

history

トリックスターレーシングのチャレンジにご賛同いただけるスポンサー様を募集しております!

PAGE TOP

TRICK STAR TEL:052-908-1486

shopping Contact